カテゴリ:HiYaKaShiメンバー( 5 )

HiYaKaShiメンバー:ピョロ

a0052242_141695.jpg

HiYaKaShiメンバーとしては途中参加であるが、加入前もカメラなどを担当し、その才能を遺憾なく発揮。当初よりなくてはならない存在であった。彼の最たる特徴は、長身でありながらもはらりと軽い身のこなし。そのしなやかな動きは時に強固な岩をも砕く水の如し。彼を前にしたとき、その心地良いせせらぎに油断してはならない。また、彼の演技はメンバーの中でも定評があり、特に注目すべきは目の前で倒れる相手を見つめる表情。ある種の脱力感を持ちつつも、その中で光る眼光は我々に何を訴えかけているのだろうか。さらに、彼の分野はアクションに留まらず、前述のとおりカメラでもリーダーヘッドの予想を超える働きを見せる一方、現在ではBGMの作成も手掛けるに至っている。HiYaKaShi加入5番目と遅いスタートながらも、すでに作品の中核にまでその能力を発揮する彼は、影の実力者と言うに相応しい存在である。

<データ>
HiYaKaShi名 : ピョロ
役職 : レギュラーメンバー
アクションスタイル : 清涼的芸術派アクション
特技 : 草になる
キーワード : エイサ
a0052242_141246.jpg

[PR]
by hiyakashi | 2005-11-01 01:44 | HiYaKaShiメンバー

HiYaKaShiメンバー:ゴメス

a0052242_1331068.jpg

HiYaKaShiメンバーとしては途中参加であるが、すでにHiYaKaShi作品第1作「ROAD OF THE KORENKAN (通称ローコレ)」に特別出演しており、その後正式にレギュラーメンバーとなった。多種の武道をこなす彼の動きは、嘘のない正統派アクション。小柄ながらもその強靭な肉体から打ち出される技はHiYaKaShi一の速さと破壊力を持つ。その上、身軽な彼はアクロバットな空中技をもやってのけるのである。もはや彼なくしてHiYaKaShiアクションは成り立たないだろう。ローコレ後、加入初作品での撮影中、不慮の事故により左足を負傷。手術に至るも、リハビリをしながら撮影に望む根性は、まさに大和魂。彼が武士と呼ばれる所以であり、HiYaKaShiへの愛がなせる業である。また、自らに厳しい性格と端整なマスクから、一見クールな男と思われがちだが、そこからこぼれる笑みはまるで無邪気な子供。そのギャップが多くの女性ファンを惹きつけて止まないという。アクションレベルから映像の華やかさまで、HiYaKaShiのステータスをトータルに引き上げる彼の存在はあまりに大きい。

<データ>
HiYaKaShi名 : ゴメス
役職 : レギュラーメンバー
アクションスタイル : 正統派スピードアクション
特技 : 靭帯をつなぐ
キーワード : バイク
a0052242_1332117.jpg

[PR]
by hiyakashi | 2005-11-01 01:40 | HiYaKaShiメンバー

HiYaKaShiメンバー:リャン

a0052242_1303255.jpg

HiYaKaShi立ち上げ時、ヘッドとジョンが最初にスカウトしたのが彼、リャンである。彼の持つ香港映画の知識はすでに常軌を逸しており、その口からは撮影テクからアクション俳優秘話に至るまで、聞いてもいない情報が溢れ出す。しかしながら、今やHiYaKaShiアクションの撮影において彼の手法解説は欠かせないものとなっており、ヘッドが安心してカメラを託せる数少ない人物の一人である。香港映画オタクである一方、彼の小技を活かした演技は定評で、小道具を与えたら右に出るものはいない。彼にとって小道具を利用したアクションはすでに日常の一部であり、生理現象の一種ともいえる境地だ。また、長身ながらもレベルの高いアクロバットスタントをこなすことから、小技とやられたときのインパクトで作品鑑賞者の印象をすべて彼が持ち去る。いわばHiYaKaShi作品の出来は彼によって左右されるとも言えよう。

<データ>
HiYaKaShi名 : リャン
役職 : レギュラーメンバー
アクションスタイル : 小技の効いた印象派アクション
特技 : 決めポーズ
キーワード : リャンの魔法の粉
a0052242_1304211.jpg

[PR]
by hiyakashi | 2005-11-01 01:32 | HiYaKaShiメンバー

HiYaKaShiメンバー:ジョン

a0052242_1221016.jpg

HiYaKaShiのサブリーダーである彼は、アクションチーム"HiYaKaShi"の考案者でもある。ヘッドをリーダーに仕立て上げ、資金を搾り出す黒幕的存在。ヘッドを手のひらで踊らせる一方、実は小心者で、結成当初の試作品撮影中、スタントに対しじつに消極的な一面を垣間見せた。ところが、その後のトレーニングで飛躍的にアクロバット技術を向上させた彼は、その自信から、最も苦手としていた高所からの飛び降りも克服。今ではHiYaKaShi一の無鉄砲と呼ばれるまでになった。また、トレーニングで培ったアクロバットはすでにHiYaKaShiでもトップクラス。その純粋なまでの向上心が彼を誰もが認める実力者へと導いたのだ。さらに才能は撮影時だけでなく、構想段階でも発揮される。作品コンセプトのアイデアはほぼ彼から生まれると言っていい。アクションチームHiYaKaShiを考案したことからも、彼の想像性はHiYaKaShiを支える柱の一つであることは確かだ。

<データ>
HiYaKaShi名 : ジョン
役職 : サブリーダー
アクションスタイル : プロレス系大味アクション
特技 : 右側の数字を払う
キーワード : 都合のいい縦社会
a0052242_1224462.jpg

[PR]
by hiyakashi | 2005-11-01 01:27 | HiYaKaShiメンバー

HiYaKaShiメンバー:ヘッド

a0052242_1161083.jpg

アクションチームHiYaKaShiのリーダーである。ジョンにそそのかされて共に育んだ構想を、資金を投じて実現化したチームの生みの親。出演はもとより、アクション構成から撮影指揮、編集までを全て一人でこなすことから、彼なくしてHiYaKaShiは成り立たない。もともと美術を嗜んでいた彼は、その才能を撮影や編集で発揮。その作品は素人ながらも完成度が高いとの高評価を得ている。また、その一方で身体能力も高く、アクロバットやスタントを中心としたアクションではHiYaKaShiナンバー1。特にスタントでは彼のもう一人の人格"仏離(ぶつり)"が登場。物理的理論に基づき、可能と判断したスタントは危険をかえりみず実行する。ただし、それは他のメンバーに対しても同様。"物理的には大丈夫"を合言葉に背中を押す彼は、まさに仏の心を持たない"仏離"である。その反面、度重なるケガにより撮影を断念せざるを得ないことも多く、メンバーの実力の高さに助けられることもしばしば。ともあれ、HiYaKaShiは彼と共に存在し、そして彼はメンバーと共にある。HiYaKaShiとは全てのメンバーと協力者があり、初めてその存在を維持できるもの。それを最も実感しているのは彼であろう。

<データ>
HiYaKaShi名 : ヘッド
役職 : リーダー
アクションスタイル : アクロバット系大技アクション
特技 : ジョンの暴力に耐える
キーワード : 熱帯魚
a0052242_116238.jpg

[PR]
by hiyakashi | 2005-11-01 01:20 | HiYaKaShiメンバー