ストマジ、再び!~冗談が本気に、そして新たな道~

完全にHiYaKaShiメンバーがはまり込んだフリクラ!

先週、初のメンバー全員参加でのフリクラトレーニングを決行。
・・・あれから一週間。ええ、新たな刺激を知ってしまった猛者どもが黙っているはずがありませんでした。。|||Ψ(゜日゜)Ψ|||シャーッ!

そして、当然のように行ってまいりました!!
(ただし、リャンは諸事情あり、欠席&ジョンは仕事の合間に強行参加!)

       ストマジ、再び!!!d(’ー^)~☆
a0052242_173942.jpg
 ※写真:ゴメちゃんブログ「日々之躰道」から朴ってきました(; ̄3 ̄)~♪


いやぁ~、毎度のことですが、今回も収穫多かった!V(^∇^)┘イェイ☆


収穫1:~冗談が本気に!~

先週の活動報告で述べたように、オレンジ8&9というのは、利用できる石の数が極端に少なく(足は自由だが、手についてはスタートから先は2~3つの指でつまめる程度の石しかない…)、それでいて3mを超える位置にあるゴールにゆかねばならない。

どう考えても、冗談としか思えないコースであった。
壁|・・・・Γ(゜^゜;)コレ、ノボンノ?

と・こ・ろ・がっ!!!

ヘッドが爪切って準備してる間に、ジョンが絶妙なスタートポジションを考案!(このコースは、スタート時の体勢一つで大きく結果が変わるのです!)
これに便乗して・・・ななっ、なんと、

メンバー全員がクリア!!!ウオォー└n(゜∀゜)n┘ムキッ
a0052242_1233992.jpg
ジョン、ゴールの瞬間★彡

a0052242_22512855.jpga0052242_22514090.jpg

次いで、便乗!!!みんなでクリア~★

ワーイ \(^∇^ )乂( ^ー^)ノ ワーイ

ジョンはこの直後、仕事のため颯爽と帰っていきました "└(* ̄ー ̄)ジャ
所要時間、1h・・・。


収穫2:~新たなる課題~

なんとなく地味なコースで、やったのかやってないのかわかんないオレンジ6なるコース。とりあえずサクッとクリアしとこぉ~ "ヽ( ´ー`)=3
な~んて感じでトライしたのであるが・・・

しかぁ~しっ!!!

これがフリクラの奥深さか・・・中盤に配置された、たった一つの石により何度トライしてもダウン、ダウン!ダウン!!

けっきょく、今回はあきらめることにしました…。若干のオーバーハングに掴めない石…。このパズルは解答の糸口まったく無し。。
でも、こういう課題が生まれると、俄然やる気がでるというもの!

さらにモチベーションを上げた次第であります
└(;`0´)┘ウォォォッ!


収穫3:~切り開かれた道~

上記"オレンジ6"コースでの挫折を払拭するため、やけになってさらにレベル↑のレッドコースに挑戦!レッドコースはHiYaKaShi初です!
で、すでに握力もヤバくなってきてたので完全パワー系コースは避け、入り組んだ壁を重心移動や体軸の変化を利用した技術(躰道的に・・・ ̄ー ̄)と、ほどよいパワーで登りきるテクニック系コース"レッド20にトライです★

何度か試したが、大振りのムーブで爽快、調子にノって来たところで落下。落ちても次への期待で挫折感は無い。そんなチャレンジ心をくすぐられるようなコース。行けそうで行けない、が、行けるかもしれない。うっしゃ、もイッチョいったるか!みたいな調子で徐々にやり方も掴めてくる。
a0052242_1134663.jpg巧みな体操作でダイナミックなムーブを展開。宙をまたぐ思い切った足の運びで重心を安定化。下半身を踏ん張り、若干手前に迫り出した壁から上半身を乗り出す。崩れた重心を支えるため、いっぱいに伸ばした指でやっと掴んだのは、小さく頼りない石。次につなげる握力の消費と現状維持の余力の確保、そのバランスはとても危うい。一瞬の油断が積み重ねたルートを無に返す。しかしゴールは目の前。手での支持はこれ以上期待できそうもない。後は足を振り上げ、一瞬重心を宙に投げ出して側壁の石を踏みつける。足での支持は握力の回復を促す。小刻みに震えだす腕、もはやそれ以外に道は無いか。でも、もし石を踏み外したら?支える術をなくした体は宙を舞い、迫り出した壁石は突如表情を変えるだろう。怪我の覚悟も必要なのか。これこそがHiYaKaShiの求める緊張感。意は決した。疲労を帯びた指から徐々に力を抜く。腕の緊張が緩和され、同時に体は傾く壁に従い、重力の力線を引き始める。タイミングを逃すな。すでに引き上げられた右足に吸い寄せられるように、左足を振り上げる。この瞬間、体は高さ4mの位置で支えを失う。目的の石は非常に小さい。が、その中心を捉えなければ。最短距離の直線を描き、足先を石に叩き付ける。現実はそっと伸ばした足。だが、その静けさの中で石を踏むその音はとても大きく感じた。

a0052242_1533727.jpg沈黙の中からジム内の音が返ってきた。体は新たな支えを得て、空間に固定されている。足に伝わる感覚は確実に重心を支えている。どうやら上手くいったようだ。もう一歩足を伸ばし、そして目の前に座するゴールの石に手をかけた・・・。
緊張からの開放、突如湧き上がる
満足感、
充実感、
達成感、
疲労感、
・・・いろんな感


これだからフリクラがやめられない!A(^∇^;)イヤァ~


a0052242_2105895.jpga0052242_2111423.jpg
そして、ゴメスとピョロも登頂です!上から飛び降りてきたとき、みんなイイ顔してましたよ。いやはや、、、でも、これって

あくまでHiYaKaShiアクションのトレーニング

ですからね♪ (゜- ゜)om 君、勘違いしないように。我々はアクションのチームなんすどんどん鍛えていきましょう!

登頂後のゴメス。元気いっぱいのゴメスも、ついに尽き果てました☆彡
a0052242_2152210.jpg

では、お疲れ様ぁ~! ノ( ̄□ ̄*)フワァ~…眠いzzZ
[PR]
by hiyakashi | 2005-12-20 01:29 | HiYaKaShi活動報告
<< チーム"さるぼぼ&q... 無難水槽に新たな生命誕生☆ >>